一般的にはメールを使用|インターネット回線の引越しは業者に任せる|プロに任せたほうが安全

一般的にはメールを使用

ファイル

メールのリスク管理

ファイル送信を行う事はビジネス上でよく発生します。社内の他のメンバーに送る事や社外のクライアントへ送ることもあります。営業活動上で送る場合やクライアントと定例的に送信することもあります。最も使用されるファイル送信方法はメールで送信する方法です。添付ファイルをつけて送ることです。最も効率的で簡単に送信することができるため、よく利用されています。しかしリスクが高いのもメール送信の特徴になっています。誤送信などをおこしやすいのもメール送信の特徴になっています。相手先を間違えたり、添付ファイルを間違えることも簡単に発生してしまうのです。添付ファイルの送信前確認などのオプションも存在しますが、すべての誤送信をなくすことは不可能なのです。

ストレージサービスの利用

ファイル送信する内容に個人情報などが含まれる場合、リスク管理としてパスワードをかけるなどは当然のことです。しかし現代社会ではこれ以上のリスク管理が求められているのです。ストレージサービスはこのファイル送信におけるリスクを低減させる方法になります。ストレージサービスには限られたものしかログインすることができません。そしてその中に送信するファイルを格納する方法なのです。二重のセキュリティを施すことができるようになるため、安全性が極めて高くなるのです。一定の期間が経過すると自動的に削除することができる機能などもあるため、重要文書のやり取りにも効果を発揮するのです。ファイル送信は、その内容に応じて使い分けることがおすすめです。